ayaka nakamura

ayaka nakamura
アーティスト / ペインティング・アニメーション

1988 年、東京都生まれ。
2013 年、武蔵野美術大学油絵学科版画専攻卒業。
手描きをメインに、繊細かつ力強い画面づくりを目指し、ペインティングやアニメーションなどを手がける。

映像作家100人2015(BNN出版)に掲載。
2016 年の六本木アートナイトで行った横 7m・高さ3mのパネルのライブペイントが好評を受け、イベントなどでライブペイントを行うようになる。
国内外で活動し、 主な個展に Pepper’s Gallery(東京 )、江夏画廊 (東京)、参加したグループ展は EPICENTRO ART(ベルリン)、White Box (NY)、WAH Center(NY)、Anthology Film Archives(NY)、ART FORMOSA(台北) 、OLA Galleri & Ateljé(スウェーデン) などがある。
近年ではアメリカ・デンマーク・中国にて滞在制作を行う。
2021年、大型新人発掘アートコンテスト「ARTIST NEW GATE」第1回 グランプリ受賞


Ayaka Nakamura uses mostly hand-drawn images to create woodblocks, animation, music videos, picture books and painting. Her delicate yet strong visuals have earned her a strong reputation both at home and abroad. She is published in a book of “JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 2015” as an animator and directer. She has participated in solo exhibition in Tokyo; “Pepper’ s Gallery (Tokyo)” , and participated in the group exhibition; ” Gallery Enatsu(Tokyo)” ,” EPICENTRO ART (Berlin)” ,” Anthology Film Archives(NY)” , “WAH Center (NY)” ,” White Box (NY)” … 2009-2013 attended Musashino Art University, Tokyo JP (BA Fine Art, Printmaking). Staying artist in residency and working all over the world, US, Denmark, Shanghai and Tokyo and Kyoto in Japan.

– statement 

風景の中で感じる記憶や感情、命の存在を描く

窓を開けた瞬間や、帰り道に見た夕日、雨上がり。
世界は時々私たちに感動をくれる。
その瞬間を描きたいと思った。

はじめは風景を描いていたが、
風景から感じる空気や感情を中心に描くようになった。

即興的な線と素材の蓄積は、命の動きと集まりを表し、
抽象と具象の間の絵は、見た者の記憶の風景に繋がっている。

私たちは一人一人はちっぽけな存在だが
多くの命の集まりがこの大きな宇宙を作っている。
直接的に関わらなくとも、この世に存在する命によって今この瞬間がつくられ、
自分もその一部なのだ。

全ての風景は命の交わりが織りなす一瞬の奇跡で、二度と同じものはない。
そして、その中に自分を見つけたとき、世界は美しく見える。

風景を見るということは自分を見つめることかもしれない。
風景を描くということは、あなたを描き、自分を描いているのかもしれない。

作品を見たとき、あなたのどこかに繋がることを願っている。

I began to feel something like energy from nature as I traveled and took pictures of landscapes around the world. I think that it have been created by a group of life, and we are also piece of this life.
“Nature” here means “shinrabansho” (the whole of creation).
Nature is not as a separate object but as the surrounding space that encompasses humans, and the energy emitted by the forms of life within this space is what mutually connects humans, society, and nature.
The impromptu accumulation of lines and materials represents the movement and assembly of life. The art that looks middle of abstract and concrete is connected to the scene of memory somewhere.
Each of us is a tiny creature, but many lives are gathered together and create the future, and this large universe. And the energy to create the future is the hope, and where there is hope, the brilliance of life lies. That’s why the world is beautiful.

なんだかビシリと書いてしまったけど、

単純に。
出会った人たちとか、流れてくる風とか、自然とか。
鳥が空を横切ったり、猫がにゃーって鳴いたり。

もらってばかりの人生だから。
それを少しでも渡して行けたらな、と
自分に それができることが、アートだと思ったんです。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google